プロスポーツの世界でも人気!加圧トレーニングの基礎知識

加圧トレーニングとはそもそもどんなものか

加圧トレーニングというのは、腕や脚の付け根を専用のゴム等で縛り、血流を阻害させて行うトレーニングのことです。血管を圧迫することによって血流の流れが阻害されると、まるで高所にいるようにトレーニング箇所が疲れやすくなります。酸素の供給が少なくなるので、より疲れやすくなるわけです。疲れやすいということは、それだけ筋肉に効率的に負担をかけられるということです。この手法があれば、わざわざ酸素の薄い高所に行ってトレーニングをする必要がなくなります。

加圧トレーニングをするときの注意点

血管に圧力をかけて血流を阻害するというのは、実は非常に危険な行為になります。専門的な知識がないままにやってしまうと、最悪の場合には怪我をしてしまうことにもなります。加圧トレーニングをする際には、きちんと専門のトレーナーの方にそばについていてもらうのが理想的ですね。自分一人でやると、とんでもない結果を引き起こす可能性が高いです。危険と隣合わせで効率を求める手法になりますから、その点は忘れないようにしておきましょう。

この方法を選ぶべき人は

プロのスポーツ選手で、極限までトレーニングの効率を上げたいという場合には、加圧トレーニングは有効な手段になることでしょう。一般の人でも、ダイエットをしたいという場合には使える方法になります。効率がとてもよく、短時間で筋肉を鍛えることができます。日頃OLをしている方などが仕事帰りにトレーニングジムによってこの方法を指定するケースは珍しくありません。時間がない人、面倒臭がりな人にもぴったりな手法だと言えそうですね。

加圧トレーニングなら横浜のスポーツジムです。加圧トレーニング専門のジムもあり、幅広い世代の人が通っています。